Volkswagen オールイン・セーフティ

Golf Touran TSI Comfortline Tech Editionは、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させる数々の先進技術や、前方の車だけでなく、時速45km未満では歩行者も探知して衝突被害軽減をサポートする「プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)」を標準装備。 「予防安全」「衝突安全」「二次被害防止」の3つのステージですべての人の安心を守ります。

事故を起こさせない(予防安全)、万が一の事故のダメージを軽減する(衝突安全)、事故が起きた後の被害を抑える(二次被害防止)

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    渋滞のストレス軽減。 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

    “Traffic Assist”はドライバーがあらかじめ設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持するようサポートすることができます。この機能をオンにすると交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況において、システムは自動的にアクセル、ブレーキおよびステアリングを制御し、渋滞時や長距離移動におけるドライバーの疲労やストレスを和らげます。

    ※起動速度:30km/h以上 作動速度:0~60km/h
    ※作動条件 ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    安全な車間距離を常にキープ。 アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

    クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能。作動状況はマルチファンクションインジケーターで視覚的に確認できます。

    *:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
    ※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    車線逸脱しないようドライバーをサポート。 レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

    フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行いドライバーに警告します。マルチファンクションインジケーターには走行車線マーキングを表し、ドライバーのステアリング操作をサポートします。

    *:ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することができます。
    ※起動速度:65km/h以上 作動速度:60km/h以上

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    前方の車や歩行者を検知して衝突被害軽減をサポート。 プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist” (歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

    全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を探知。衝突の危険を感知するとブレーキシステムをスタンバイし、警告音と警告灯でドライバーに注意喚起を促します。第二段階では断続的にブレーキをかけ車体を振動させて警告。それでもドライバーが回避操作を行わない場合やドライバーによるブレーキングが不十分な場合、システムが介入し自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速45km未満での走行中には歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能が作動。レーダーとフロントカメラが連携し車両だけでなく、歩行者も探知し、ドライバーが回避操作を行わない場合やブレーキ操作が不十分な場合、システムが介入し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。

    *:作動速度:5km/h以上

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    事故を予測して、万が一の時に備える。 プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

    事故が起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えるのがプロアクティブ・オキュパント・プロテクション。急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高めます。同時にウインドーを閉じ、万が一の衝突が起きた際、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるように備えるシステムです。

  • 横滑りなどをコントロールしてサポート。 ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)

    走行時の予期せぬ障害物の回避や滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、走行安定性を高めます。センサーによりクルマの不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御。走る歓びを先進の技術で支えます。

  • 写真はイメージです。

    運転の疲れを気づかせてくれる。 ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

    ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。

    ※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

  • ※動画の車両は仕様やモデルが異なる場合があります。また欧州仕様の場合があります。

    バック時の後方視認をサポート。 リヤビューカメラ“Rear Assist”

    ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。画面にはガイドラインが表示され、車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポートします。

  • 駐車時の障害物を検知し警告音でお知らせ。 パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)

    バンパーに設置したセンサーにより障害物などを検知して警告音で知らせます。

  • 駐車時の障害物を検知し、ディスプレイでお知らせ。 オプティカルパーキングシステム

    センサーにより障害物などを検知してディスプレイで知らせます。障害物との距離や位置を表示して、駐車時の安全な操作をサポートします。

  • 万が一の衝突時、衝撃を和らげる。 9エアバッグ

    運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、1列目と2列目の「サイドエアバッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」に加え、運転席には「ニーエアバッグ」を標準装備。合計9個のエアバッグが、万一の衝突の際に高い乗員保護性能を発揮します。

    ※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

  • 高い安全性と安定した走りをもたらす。 高剛性ボディ

    レーザー溶接や超高張力鋼板の採用などにより高剛性化と軽量化を両立。安全性はもちろん、優れた走行安定性と静粛性を実現しました。またボディには衝撃吸収構造を採用。衝突エネルギー吸収構造材・エネルギー分散構造材を組み合わせたクラッシャブルゾーンと頑強なフレームで囲まれたキャビンが衝突時に高い乗員保護性能を発揮します。

  • 事故の瞬間、ベルトをタイトに締める、そして緩める。 フォースリミッター付シートベルトテンショナー

    衝突時、シートベルトを瞬時に巻き上げて身体をしっかりと支え、拘束効果を高めます。その後、フォースリミッターがベルトを緩め、必要以上の負荷がかからないようにします。

  • 衝突後の、さらなる多重事故に備える。 ポストコリジョンブレーキシステム

    衝突の危険を最大限回避する機能を搭載するとともに、起こってしまった事故の被害を最小限にとどめる。そのための備えが、ポストコリジョンブレーキシステムです。これは、衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を時速10km以下になるまで減速させて、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。もちろんドライバーの操作でブレーキを解除することも可能です。

    *:車両を最大0.6Gの範囲内で減速します。
    ※ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
    ※動画ではマルチコリジョンブレーキシステムとなっていますが機能は同じになります。
    ※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

  • 後続車に危険を知らせる。 エマージェンシーストップシグナル

    高速走行時に急ブレーキをかけると、ブレーキランプが自動点滅して後続車に緊急制動を知らせます。そのまま時速10km以下になると、ハザードランプ点滅に自動切替。再加速または手動操作で解除することができます。

    *:速度は路面やタイヤなどの状況により左右されます。走行時は法定速度を厳守してください。

  • 歩行者の頭部への衝撃を低減。 アクティブボンネット

    歩行者との衝突を検知すると、瞬時にボンネットの後端を40mm~60mm持ち上げてエンジンとの間のスペースを拡大。歩行者の頭部への衝撃を低減させるシステムです。

    ※作動速度:25~55km/h